箱みかん

どうでも良いことをダラダラと書き散らかしてます。

寂しさ。

読んでいるだけで教養が身に付くいざよいさんのブログ。

語彙力の豊富さがステキです。



知的好奇心をくすぐられるとともに、自分の頭の悪さが今更ながら心配です。
でも、語彙力というものは年を取ると衰えるどころか開花していく人間の能力の一つらしい。
読書が足りないんだろうな~、私。
これからも勉強させてください。



ところで、本題。
>精神的デラシネの私は、心の拠り所が欲しいと強く思うのだった。


くぅ~っ、オシャレ過ぎる~っ!
(すっかりファン)


私は人の心というものは空虚が備わっているものだと思ってます。
人は虚しくて当たり前。
むしろ、それが健康であり青春とさえ思います。


毎日楽しく過ごしているリア充の人でも必ず頻繁に感じていると思うんですよね。
そして、これがないと結婚したいとか、子孫を残したいとか思わないと思うんですよ人って。
だって、働いたお金を自分のためだけに使った方が絶対的に得だし楽ですもん。
性欲だけならどこかで発散すれば良いし。


人間という動物は繁殖するためにこの空虚というものを感じるようにプログラムされている。
そんな風に感じます。